道場六三郎
mitiba
1931年
1月3日石川県山中温泉に生まれる。
1948年
家業の茶道具漆器の座り仕事が合わなかった事もあり知り合いの魚屋の手伝いに入り、初めて包丁を握る。
1950年
本格的に料理人を志し、銀座「くろかべ」で料理人としての第一歩を踏み出す。その後、神戸「六甲花壇」、金沢「白雲楼」と修行を重ねる。
1959年
「赤坂常盤家」で、チーフとなる。
その間、衆議院議員会館、総理官邸、明治記念館等へ出張に赴く。
1971年
銀座「ろくさん亭」を開店。
1993年
この年から始まったフジテレビ「料理の鉄人」では、初代「和の鉄人」として27勝3敗1引分けの輝かしい成績を収め、有明でのワールドカップを始め、香港決戦、1995年1月事実上の引退試合となった最強鉄人決定戦等、全てのタイトルを手にした。
2000年
銀座にプリフィックスを取り入れた、新しいスタイルの和食「懐食みちば」を開店。
2005年
厚生労働省より卓越技能賞「現代の名工」受賞。
2006年
宮内庁より園遊会に招かれ、天皇陛下よりお言葉を賜る。
2007年
旭日小綬章授賞(勲四等)
2011年
80歳の節目に「道場旬皿」への取り組みを開始。和食の伝統と道場独自の心を伝える試み。
現在、仕事にゴルフにバリバリ元気!

趣味 ゴルフと小唄

著書
「一本立ちできる男はここが違う」新講社
「おかず指南」中央公論社 
「味の極意を教えよう」主婦と生活社 他多数